株式の意味

「株式」とは株式会社が資金を集めるために発行した「有価証券」の事をいいます。
この株式の売る事で企業は資金を集め、その資金を企業は業績を上げる為に投資します。
株式を買うということは、その企業に「出資」したということになります。株売買を行う人の事を「投資家」と呼ぶのはこの為です。

・株式の発行枚数
株式会社が株式を発行した数量は「発行株数」と言います。株式の発行株数はその会社の資本金の多さを表しますが、投資家にとっても発行株数の量は、株式市場においての流動性に影響を与えます。
例えば、売買取引の取引量のことを「出来高(できだか)」と言いますが、発行株数に対して次のような関係があります。

・発行株数が多い場合→出来高が多くなり流動性が高まりますので、投資家が買いたい時や、売りたいときにすぐに売買が可能になります。

・発行株数が少ない場合→出来高が少なくなるため、なかなか、売れない等の影響が出てきます。しかし、発行株数が少ない場合は、多少の取引で株価が動きやすくなるため、利幅が取りやすい特徴もあります。

・投資家と企業の関係
株式を通して、投資家と企業に繋がりができますが、投資した株主と会社の関係として、本来は株主は「会社の所有者」に位置付けられます。それに対し、経営者は「会社経営の執行者」に位置付けられます。ちなみに、この考え方を特に「所有と経営の分離」と呼びます。

・決算報告
株式会社は利益を上げるために経営活動を続けますが、1年単位で1年間の経営活動の成果である業績を集計することになっています。その集計結果を毎年の規定の時期に公表します。これを「決算報告」と言います。

・株主総会
会社はこの決算報告を報告して株主のあなたに承認してもらう義務があります。 そこで会社は年1回、株主を集めて決算報告と承認を得るための場を設けます。これを、「株主総会」と言います。
株主総会は株主が、会社経営者に直接質問ができる唯一の機会でもあります。株主は会社の所有者となりますが、それは、その会社の経営に関する意思決定ができるということになります。
投資家が所有している株式数相応分の投票権が与えられており、株主総会でその投票権を行使することで、意思決定をした事を表しています。
ちなみに、会社経営の執行者である取締役も投資家の信任投票を経て、投資家の代わりに会社経営を執行しています。
そして、業績を集計した結果、利益があれば株主にその一部を分配する事があります。それが「配当金」となります。

・株主の権利
株主の権利には以下のようなものがあります。
①株主総会での決議権など、会社の経営に参加する権利:
会社は経営方針などを株主総会で決めますが、これに出席して決議に参加することができます。

②配当金などの利益配分を受ける権利:
株主は持ち株数に応じて分配を受けます。これは業績に左右され、また何らかの記念配当が出る場合もあります。
③新株を引き受ける権利:
会社が資本金を増やすことを「増資」と言い、これは新株を発行する事ですが、これを受け取る権利があり、以下の場合があります。

●無償で受け取れるケース:
 現状の1株を1.5株や2株にする事があり、これを株式分割と言います。
 この場合は、現状の持ち株数に応じて新株を無償で受け取ることができます。

・有償で受け取れるケース:
 株主割当増資が行われた場合には、有償で新株を引き受けることができます。

④会社が解散した場合に、会社の残り資産を受け取る権利:
会社が解散した時は、優先的に債権者に資産を返済しますが、資産が残った場合は、持ち株数に応じて分配を受けることができます。

●有限責任
業績が著しく悪化した場合は、倒産する場合もあります。その際の投資家の責任問題なんですが、「有限責任」という形(解釈)の責任を負うことになります。

それは、会社の倒産によって、あなたが買った株の価値は「ゼロ」となり、投資家はその会社の株を買った(投資した)分の損失を「負う」事で責任を果たしている為です。

Yahoo!News